趣味探し.サイト 本文へジャンプ
お気に入りに追加
トップページ
趣味カテゴリ
旅行趣味
アウトドア趣味 
遊ぶ・娯楽・楽しむ趣味 
ウィンタースポーツ趣味 
マリンスポーツ趣味 
スカイスポーツ趣味 
陸上スポーツ全般趣味.
格闘技・武術趣味.
観戦・観賞趣味.
奏でる・歌う・演じる趣味.
ダンス・踊る趣味.
収集・コレクション趣味 
グルメ・料理趣味 
たしなむ趣味 
創る・造る・作る趣味 
ペット・生き物趣味 
植える・育てる趣味 
学ぶ・習う・極める趣味 
書く・詠む趣味 
描く趣味 
読む趣味 
心休まる趣味 
写す・撮る趣味 
趣味と実益 
その他趣味 
その他
ご挨拶 
ご連絡は⇒こちら
相互リンクについて
写す・撮るリンク集
TOP 〉 写す・撮る  写真 〉 海を写して楽しむ趣味

海を写して楽しむ趣味
海の写真は、広大な海をテーマにしますが、その撮り方で色々な表現に変わる魅力を持っています。
静けさがある海から荒れ狂う海!と海には沢山の表情がありますし、海と別の被写体を入れる事で、魅力ある写真にもなるのが海の写真の楽しさです。
海の写真の楽しみ!


海を写して楽しむ趣味

海の写真

四方を海に囲まれた日本列島は、湾や入り江、灘などが複雑に入り組んで変化に富んだ海岸線を形成しているので被写体としては面白いし魅力満点な写真が撮れる場所です。




一口に海と言ってもその魅力は様々で、広大で果てしない魅力がある太平洋、エメラルドグリーンの沖縄の海、荒涼とした風景の冬の日本海と、それぞれに個性的な表情を持っています。
海岸線では海と陸地との果てしないドラマがあるのです。

海の写真

海の撮影
海は同じ場所であっても、時間や天候、季節などによって海の表情は様々に変化します。

晴れた日には鮮やかな海の青が綺麗ですし、曇りの日には鉛色に映る海もこれまた違う魅力があります。

さらに波によってもその表情は変化を見せます。


この様な素敵な海の写真を自分でも撮影しましょう。

海の写真

海撮影の注意点
断崖の上などは限られた場所からの撮影になるので、カメラポジションやアングルが重要になり、表現意図に合わせたレンズ選択が必要です。

人物は小さく写っても印象は強くなります。
海の風景に、小さくても船や人を写し込めば、作品のイメージは大きく変わっていきます。写真は親しみやすく、海の性格や地域性まで感じる事ができます。
添景人物は、扱われる大きさに関係なく大きな影響力を持つので、上手に生かせば作品の表情をより豊かにする事が出来ます。


海の写真

海撮影のポイント
岩に砕け散る波は、広角レンズで近寄って撮れば迫力が出ますし、逆に逆巻く波は望遠ズームでとらえ、波を止めるなら1/500秒以上のシャッター速度が必要です。

砕け散る白い波は逆光か半逆光で狙い、露出をアンダー気味にすると、陰影がついてボリューム感がでます。キラキラ光る海面を強調する時は露出オーバーは禁物です。と光の果たす役割はきわめて重要です。

陸と海と光の魅力が楽しめるのが海の写真です。


海の写真

費用
デジタルカメラ・・・1万円台

デジタル一眼・・・4万円台〜

デジカメ/コンパクトカメラは1万円前後です。

一眼レフカメラは高いものは100万円単位のものもありますが、安いものは4〜5万円からありますので、これくらいからで十分だと思います。

参考
写真趣味を始めるにあたって、カメラを探すならこの3ショップで探せば、種類は豊富ですし、どこよりも安く探す事が出来るので参考にして下さい。




海の美しさを撮りに行きましょう。



通信講座と教室情報
趣味を始めるのに教室や通信講座で学ぶのも最適な方法です。資料を取り寄せてみるのも良いです。

通信教育で85年以上の歴史と実績がある講座です。
資格・スキルアップから趣味・教養まで多数の通信講座を開講していて、情報満載のくわしい案内資料を無料で貰えます。

約80,000件の講座・レッスン情報満載!
レッスン・スクール情報が探せて、体験レッスン・説明会の予約も出来ます。
資料は無料!で取り寄せられるサイトです。

などを参考にしてみて下さい。



トップ | 戻る

  Copyright All Reserved by 趣味探し.サイト since 2012/10/14
  定年後の趣味探し〜総集編〜 / 趣味探し 室内趣味編 / 釣り初心者.ナビ