趣味探し.サイト 本文へジャンプ
お気に入りに追加
トップページ
趣味カテゴリ
旅行趣味
アウトドア趣味 
遊ぶ・娯楽・楽しむ趣味 
ウィンタースポーツ趣味 
マリンスポーツ趣味 
スカイスポーツ趣味 
陸上スポーツ全般趣味.
格闘技・武術趣味.
観戦・観賞趣味.
奏でる・歌う・演じる趣味.
ダンス・踊る趣味.
収集・コレクション趣味 
グルメ・料理趣味 
たしなむ趣味 
創る・造る・作る趣味 
ペット・生き物趣味 
植える・育てる趣味 
学ぶ・習う・極める趣味 
書く・詠む趣味 
描く趣味 
読む趣味 
心休まる趣味 
写す・撮る趣味 
趣味と実益 
その他趣味 
その他
ご挨拶 
ご連絡は⇒こちら
相互リンクについて
写す・撮るリンク集
TOP 〉 写す・撮る  写真 〉 祭りを写して楽しむ趣味

祭りを写そう 写真趣味
祭りの写真は、祭りの風景と共に、そこで活気に踊る男達のみなぎるパワーを表現したり、女性が踊る色気を写したりと、色々な被写体がありとても魅力的なのが祭り写真です。
日本中の祭りを自分の写真に収められたら、とても素敵な趣味になるでしょう。

祭り写真の楽しみ!



祭りを写して楽しむ趣味

祭りの写真

祭りや行事は、その地方の歴史がふんだんに含まれているので、各地の特色あるお祭りがたくさんあります。
その土地の風土を最も良く表しているので、お祭りの写真は土地柄を写せる楽しさがあります。




賑やかな群衆やきらびやかな装飾、鮮やかな色彩に幻影されてしますのが、お祭りの魅力です。お祭りの華やかさや、お祭りに関わる活気に満ちた表情とお祭りの写真には沢山の魅力があります。

お祭りは日本だけに留まらず、世界のお祭りもテーマにすると夢は広がります。

祭りの写真

祭りの撮影
祭りと一口に言っても、メインとなる祭りの行事そのものを狙うのか、御輿のかつぎ手の迫力を狙うのか、とまずは撮影するテーマを決めた方が良いです。

見るものをすべて撮るのも良いですが、初めに自分なりにテーマを決めておくと、現像した写真を見たときに面白味が違ってきます。

また、テーマを決めると、視点が決まりますし、カメラポジションも決まるので、撮った写真の一貫性があって素敵な写真になります。


祭り写真は自分のテーマ次第で面白味が違ってきます。

祭りの写真

祭り撮影の注意点
夜の祭りは・・・
夕方から夜の祭りではストロボや三脚が必要になります。特に人の表情は瞬間なので、瞬間撮影にはストロボは不可欠です。

主題を生かす・・・
祭りの背景に人混みや商店街などを入れたりすると、うるさくなってしまいます。背景を整理して主題を強調するようにします。


祭りの写真

祭り撮影のポイント
自分も祭りの渦中に入ってムンムンとする熱気を感じながら撮る場合は、被写体に迫って撮れば臨場感がある写真が撮れます。

または、見通しのきく高い位置から撮る方法があります。スケールの大きさや全体の雰囲気を表現する時に適しています。

祭り写真は熱気が感じられるような写真が撮れたら嬉しくなります。


祭りの写真

費用
デジタルカメラ・・・1万円台

デジタル一眼・・・4万円台〜

デジカメ/コンパクトカメラは1万円前後です。

一眼レフカメラは高いものは100万円単位のものもありますが、安いものは4〜5万円からありますので、これくらいからで十分だと思います。

参考
写真趣味を始めるにあたって、カメラを探すならこの3ショップで探せば、種類は豊富ですし、どこよりも安く探す事が出来るので参考にして下さい。




祭りから感じられる土地柄を撮りに行きましょう。



通信講座と教室情報
趣味を始めるのに教室や通信講座で学ぶのも最適な方法です。資料を取り寄せてみるのも良いです。

通信教育で85年以上の歴史と実績がある講座です。
資格・スキルアップから趣味・教養まで多数の通信講座を開講していて、情報満載のくわしい案内資料を無料で貰えます。

約80,000件の講座・レッスン情報満載!
レッスン・スクール情報が探せて、体験レッスン・説明会の予約も出来ます。
資料は無料!で取り寄せられるサイトです。

などを参考にしてみて下さい。



トップ | 戻る

  Copyright All Reserved by 趣味探し.サイト since 2012/10/14
  定年後の趣味探し〜総集編〜 / 趣味探し 室内趣味編 / 釣り初心者.ナビ