趣味探し.サイト 本文へジャンプ
お気に入りに追加
トップページ
趣味カテゴリ
旅行趣味
アウトドア趣味 
遊ぶ・娯楽・楽しむ趣味 
ウィンタースポーツ趣味 
マリンスポーツ趣味 
スカイスポーツ趣味 
陸上スポーツ全般趣味.
格闘技・武術趣味.
観戦・観賞趣味.
奏でる・歌う・演じる趣味.
ダンス・踊る趣味.
収集・コレクション趣味 
グルメ・料理趣味 
たしなむ趣味 
創る・造る・作る趣味 
ペット・生き物趣味 
植える・育てる趣味 
学ぶ・習う・極める趣味 
書く・詠む趣味 
描く趣味 
読む趣味 
心休まる趣味 
写す・撮る趣味 
趣味と実益 
その他趣味 
その他
ご挨拶 
ご連絡は⇒こちら
相互リンクについて
創る・造る・作るリンク集
TOP 〉 創る・造る・作る  陶芸を製作して楽しむ趣味

陶芸を製作して楽しむ趣味
陶芸を製作して楽しむ趣味の《魅力・楽しみ方・始め方》とは。
土を形成していく過程を楽しむ事と、皿や湯のみなどを製作する事を楽しむ趣味です。
陶芸を製作して楽しむ趣味を始めましょう。


陶芸を製作して楽しむ趣味

陶芸とは

陶芸は、粘土を練って、ろくろを使って、陶器の茶碗や湯呑み、皿などの形を成形して、高温で焼成することにより陶器を造る技術の事です。
焼きものともいわれます。




物を造るということは自己表現の一つで、自分のイメージが形になっていく面白味があります。


陶芸

陶芸趣味
陶芸趣味は、土を形成していく過程を楽しむ事と、皿や湯のみなどを製作する事を楽しむ趣味です。

陶芸趣味は、ものを創造するところから陶芸趣味は始まっています。創造し、土を揉み、ロクロを回して形を形成していく。

この製作の過程がすでに魅力溢れているのですが、そこに今度は思った通りにいかない、奥深さが更に陶芸をやりたい気持ちに引き込んでいかれるのです。

陶芸は、昔から『土揉み三年・ロクロ六年・焼き一生』などと言われるので、難しいイメージがありますが、現在は、沢山の陶芸教室や入門書の書籍、通信講座なども数多くあって、誰でも簡単に陶芸を始められるようになりました。

趣味として、もっと手軽に陶芸を楽しめるようになって、土の温もりを感じながら、自分の手で新しいものを造り上げる魅力を、体感出来る様になりました。

焼きものというように、焼かなければいけませんが、昔は自宅でなど焼く事は出来ませんでした。そこも、今では自宅でオーブンで焼く事の出来る、焼きものもあるので、とても陶芸趣味が始めやすくなりました。

自分だけのオリジナルのお皿や湯飲みなどを作って、それを使う喜びが味わえるのが陶芸趣味です。


陶芸

陶芸の魅力
陶芸の魅力は色々とあると思います。実際に楽しんでる人は、どのような所に魅力を感じているのでしょう。

・日本の伝統工芸、芸術分野の一端をも担っている
・深い感
銘を与えてくれる
・思った通りに出来上がらないが、それでも作っているだけで十分楽しい
物を創造する面白さ
・無から形あるものに変化するところ
・独創性を養える
・作品一個一個に味がある
・すべて忘れて、無になって集中できる


窯で焼く本格的なものから、家庭のオーブンで焼いてつくるオーブン陶芸などもあって、自宅でも簡単に陶芸を楽しめるようになりました。

陶芸

陶芸の楽しみ方
造る楽しさ
造る楽しさは、土をこねていると不思議と土の温もりを感じて来ます。そして更にこねていると夢中になり、我を忘れて集中しています。この無になって創作できる喜びを、陶芸は多くの人に味わせる事が出来るのです。

土は手でこねたり、ろくろを使ったりすると色々な形にする事が出来るので、心の中のイメージが何もなかった空間に実体として出来上がっていく歓びも体感出来ます。陶芸は創作する最高の楽しみがあります。

使う楽しさ
自分で造った物を生活用具として使うという楽しみ!

趣味と実益を兼ねてという功利的な考えではありません。既製品を使う方が遥かに経済的ですが、既製品にはない、世界に一つしかないものを使うという贅沢な満足感がそこにはあるのです。

大量生産の商業主義の心のこもっていない製品が並ぶ中で、陶芸は自分で使いたい物を自分で心を込めて造り、そして自分や家族、もしくは友人にも使ってもらう、そういうことが陶芸の使う楽しみの根底にあります。


陶芸

陶芸の始め方
自宅で始める
陶芸は準備をすれば自宅でも始められます。または簡単に始める方法があります。


簡単に陶芸気分を味わえる『オーブン陶芸』格安セット!

手軽に陶芸気分を味わえるものとして、オーブン粘土があります。
専用の窯を必要としない低温で焼き固め
ることのできる粘土で、成形しやすく、家庭用のオーブンでも簡単に焼くことができます。
価格もお手軽なので、陶芸の入口としては最適です。


値段もそれなりに張りますが、陶芸を始めるのにほとんど揃ったセットです。

自宅に電気窯まで用意して、陶芸趣味を楽しめるセットです。

詳しくはメーカーを見ると作り方の手順も出ているので参考にして下さい。



他の陶芸セットは《ヤフーショッピングの陶芸セット》探せます。

陶芸を趣味として始めるのであれば、基本は学んでおきたいので、書籍やDVDで基礎知識を付けておきましょう。

使える物を作りましょう。
始める前の心がけとして、使えるものを造りましょう。

子供は粘土細工が大好きで、ただ純粋にイメージを具現化する事に没頭します。もちろん大人になってもそれは同様で、造る事は楽しく夢中になれる事ですが、ただ造って使えない物や使い難いものばかり造っていては、やがて造る事の楽しみが半減してしまいます。

そこで、初めから使える物を造ることを心掛けると良いです。初歩の技術的に未熟の段階でそれは難しいと思われますが、決して無理ではありません。上手でなくても、曲がっていても、使い難くなければ初期の作品として愛着に深い、愛用品になってくれます。

通信講座で始める
書籍だけの独学で始めるのは自信がないな!と思う人は通信講座が良いでしょう。自宅に居ながらにして指導して貰うのはやはり上達は早いものです。

通信講座の内容は色々ありますので、まずは無料で資料を貰って確認してみるのが良いでしょう。参考に紹介しておきます。

通信講座.net》で調べる

教室で始める
陶芸の教室は各地に沢山ありますので、本格的に陶芸趣味を始めたいと思っているなら教室に通うのが一番です。

同じ趣味を持つお友達も出来るので、楽しみも増えます。


陶芸

費用
陶芸を自宅でも簡単に始めるのであれば、オーブン粘土で始める陶芸セットが5千円から1万円くらい。
本格的に自宅でも電気窯を用意するくらいになると20万円前後はしてきます。

参考
陶芸書籍は《アマゾンの陶芸

粘土で何かを造っている時の楽しみは、すべてを忘れて自己に没頭できる快さがあります。




趣味に関する通信講座と教室情報
趣味初めは、『やってみよう!』の第一歩からです。
趣味に関する通信講座サイトと教室情報のサイトを紹介しておきます。
資料は無料で貰えます。遠慮なく資料を貰って、あなたの素敵な趣味人生を楽しみましょう。





他の創る・造る・作る趣味
切り絵を製作して楽しむ趣味 和紙ちぎり絵を製作して楽しむ趣味
陶芸を製作して楽しむ趣味 とんぼ玉を製作して楽しむ趣味
切り紙を作成して楽しむ趣味 折り紙を折って楽しむ趣味
消しゴムハンコを作って楽しむ趣味 てん刻を彫って楽しむ趣味
鉄道ジオラマの製作を楽しむ趣味 押し花を作って楽しむ趣味
ボトルシップを製作して楽しむ趣味 アニマルビーズを製作して楽しむ趣味
刺繍を楽しむ趣味 ステンドグラスを作成して楽しむ趣味
ブリザープフラワー作りを楽しむ趣味 木彫を楽しむ趣味
版画を楽しむ趣味 手芸を楽しむ趣味
シルバーアクセサリー作りを楽しむ趣味 編み物を楽しむ趣味
ビーズアクセサリーを作成して楽しむ趣味 フラワーアレンジメントを楽しむ趣味

趣味カテゴリ
旅行趣味 アウトドア趣味  遊ぶ・娯楽・楽しむ趣味 ウィンタースポーツ趣味
マリンスポーツ趣味 スカイスポーツ趣味  陸上スポーツ全般趣味 格闘技・武術趣味.
観戦・観賞趣味 奏でる・歌う・演じる趣味 ダンス・踊る趣味 収集・コレクション趣味
グルメ・料理趣味 たしなむ趣味 創る・造る・作る趣味 ペット・生き物趣味 
植える・育てる趣味 学ぶ・習う・極める趣味 書く・詠む趣味 描く趣味
読む趣味 心休まる趣味 写す・撮る趣味 趣味と実益
その他趣味 ・・・ ・・・ ・・・


トップ | 戻る

  Copyright (C) 趣味探し.サイト〜種類百選〜 All Rights Reserved
  定年後の趣味探し〜総集編〜 / 趣味探し 室内趣味編 / 釣り初心者.ナビ